2018 加護犬

2018 加護犬

笊かぶり犬(ざるかぶりいぬ)、籠かぶり犬(かごかぶりいぬ)と呼ばれる郷土玩具がある。安産祈願や子供の健康祈願、慶事が続くようにと願いが込められている 縁起物だ。

この置物は張り子の犬に竹籠を被せたユニークな形をしている。
なぜこのような形をしているのか?   「笑」という漢字を表しているという。

「笑」という字は、「犬」の上に「竹」冠を載せたような字だ。
まさに籠かぶり犬を表す字。

なんとも愛らしく、洒落のきいた置物だろうか。 見ていると幸せな気分になる。
笑顔になる。  一目見て気に入ってしまった。 
2018年の戌年作品は、これを題材に製作することにした。

モチーフとなる犬種は日本犬。
私が小学低学年の頃だったか、我が家にやってきて15年ほど一緒に過ごした犬がモデル。名はコロという。  柴犬風の雑種だ。

幼い時分、背の低く小さかった私に飛び掛かっては、じゃれ付いてきた。 取っ組み合いのようにして遊んでいた。ジャンバーやトレーナーの袖は噛みつかれてボロボロになっていたな。
今となっては良い思い出だ。  

さて、今回製作した品は下。

imageimage

本家張り子の籠かぶり犬に負けじ劣らず、なんだか間抜けなデザインとした。
このフォルムは学生の頃に製作した作品の図案がベースになっている。

頭でっかち、ガウガウ犬。

imageimage
子どもながらに・・・毛布を被せたり、抱きかかえてポイっとしたり、からかって遊んでいた。
・・そんなことしているから咬まれるんだが。。
もちろん本気で噛みついてくるわけではない。 必ず服を咬んでくる。
そうなると。。。
「やったな!コロ助!!」
毎回最後は戦いごっこのようなものに発展し押し合いになる。

 

imageimage

この犬は色んなものを食べた。
しかし、気に入らない食べ物は、咥えてどっかに持って行って隠すのだ。
帰ってきたとき、鼻に土が付いているから埋めたことがバレバレだ。
しかし、 「埋めた? 何を言っているんだ? 早く、新しい別のモノをくれ。」
そんな顔をする。   ・・全く。

image

 

愛すべき日本犬。
友、そして家族。
今は守り神。

持ち主に戯れと幸せをもたらし
悪いものはどこかに埋めてきてくれる

加護犬